工藤建設株式会社ホームページ
0197-23-4642 〒023-0841 岩手県奥州市水沢区真城字北舘38番地1

セルローズファイバー断熱材施工

セルロースファイバーは、理想的な住宅用断熱材です。
弊社では、セルロースファイバーを用いた断熱施工を承ります。

断熱材の役割
断熱材は、室内と室外の間で熱が移動するのを防ぐ働きをする建材です。
住宅の省エネにおいて最も効果の高いのが断熱ですが、使い方を誤るとせっかくの断熱材も
効果を発揮しないため、施工が最も重要となります。
(断熱のイメージ図)

断熱材の種類
住宅用断熱材には様々なものがありますが、大きくは以下の3つに分類されます。
 ・無機繊維系(グラスウール、ロックウール等)
 ・発泡プラスチック系(スタイロフォーム等)
 ・有機天然系(セルロースファイバー等)
(各製品の写真)
 これらの断熱材には、それぞれメリットとデメリットがあります。
(断熱材比較表)

○ セルロースファイバーとは
セルロースファイバーは、新聞古紙を叩いて細かくした繊維状の断熱材です。
(セルロースファイバーの写真)
グラスウールと比較して・・・



○ セルロースファイバーの施工
セルロースファイバーは、施工に高い専門性が必要となります。
セルロースファイバーを施工する際に注意しなければならないのが、その密度です。
施工密度が小さいと、空気層が多くなって断熱性が高くなりますが、沈降の危険性も高くなります。
沈降してしまうとその部分に断熱材の切れ目が生じるので、家の断熱性能が急激に低下します。
断熱のポイントは、時間が経っても性能が悪くならないことが最重要項目ですので、
まずは沈降しない密度で施工することが重要なのです。
弊社では、これまでの施工の経験から、沈降しない密度を独自に決定しております。
しかも、その施工密度で、断熱性能が低下しないことも確認済です。
長年施工してきた経験を生かし、住宅毎に最適な施工方法を決定ますので、
ぜひ、弊社にお任せください。