工藤建設株式会社ホームページ
0197-23-4642 〒023-0841 岩手県奥州市水沢区真城字北舘38番地1

パッシブハウス

省エネ住宅「太陽、風、水、木の恵みを活かしたパッシブハウス」ーあっぱれな家ー

工藤建設では、住宅の省エネを図るにあたり、環境先進国ドイツで普及してきた『パッシブハウス』の考え方を取り入れています。

断熱性を高め、太陽の日射熱を取り入れることで、寒い冬でもほどんど暖房なしで暖かく過ごせます。

設備の性能に依存せずに躯体そのものを高性能に造ることで、快適で健康によく資産価値も高い、真の省エネ住宅になります。

 

<パッシブハウス>とは?

パッシブハウスは、ドイツのパッシブハウス研究所が規定する性能基準(暖房負荷・気密・エネルギーの3つの基準)をクリアする認定住宅です。

その世界最高レベルの省エネ性と快適性から、ドイツやオーストリアを中心に普及し始め、現在では世界中に広まってきました。

温暖地では無暖房にもなりうるほどの高い断熱性と、極力設備に依存しないと言ったパッシブデザインの考え方は、

省エネ意識の高まりとともに日本国内でも高い注目を浴びてきており、これからの住宅のスタンダードになるのは必です。

工藤建設では、6名の省エネ建築診断士(一般社団法人パッシブハウス・ジャパン認定資格)が在籍しています。

web6

modelhouse2

 

service-passive

PM0:00の日差しの入り方 (1F)


夏季 (日差しをり室内の温度上昇を防ぐ)         冬期(日差しを取り入れ日射熱を暖房に利用する

PM0:00の日差しの入り方 (2F)


夏季 (日差しをり室内の温度上昇を防ぐ)         冬期(日差しを取り入れ日射熱を暖房に利用する

省エネ建築診断士とは?

一般社団法人 省エネ環境推進機構が主催する「省エネ環境診断士」資格認定制度は、大企業だけでなく中小企業にもCO2削減義務が課される改正省エネ法が昨年4月に施行されたのに伴い、二酸化炭素(CO2)削減を証明する書類の作成や省エネ対策の専門知識を身につけた省エネ対策の事務処理に通じた人材の育成がこれから必要となっていルカらである。
この書類作成に必要な専門的な一定の知識と、環境問題、地球温暖化対策、省エネルギー対策に向けた正しいエネルギー管理の知識を兼ね備えた環境資格「省エネ環境診断士」があなたのお家のお手伝いをいたします。

協力会社
ニューズコンサルティング
大和田産業